離婚時の課税

離婚した場合には、財産分与が行われることが多いです。

この時に問題になるのは、財産分与に対してどのように
課税がなされるのかという問題です。

まず結論から言ってしまうと、財産分与を受けた妻には、
民法の規定により、贈与税はかかりません。

また、離婚による慰謝料についても、所得税はかかりません。

ただ一点だけ注意があるのは、不動産の譲渡です。

不動産の譲渡がなされた場合には、不動産の
取得に該当し、不動産所得税がかかります。

また、譲渡側には譲渡所得の課税が生じます。

譲渡したりもかからず税金が発生するというのは、
一般的な感覚とずれるかもしれません。

しかし、これは財産分与義務の削減という経済的利益を
収入と考えるという発想から生まれます。

ですので、このような場合には、
確定申告を行う必要があります。

このように離婚時には、慰謝料などの問題だけでなく、
様々な法律問題が発生することになります。

このような時に1人だけで解決しようとするのは無理があります。

弁護士などの専門家に相談するのが良いでしょう。

広島の弁護士に相談

弁護士などに相談すれば、手続き面などについても、
アドバイスをくれるので効果的だと思います。